本文へスキップ

妙高渡辺農園は新潟県妙高市の自然豊かな環境でおいしい米作りを行っています。

TEL. 0255-82-2751

〒949-2209 新潟県妙高市祖父竹260

栽培のこだわりCONCEPT




 「妙高渡辺農園」は、越後妙高の自然豊かな環境を活かし、消費者と向き合った米作りを続ける為に憲章を制定し実践します。
・妙高の自然に感謝し、地域の環境保全、景観に配慮した農業を推進します。
・消費者に最高の食味のコシヒカリを提供する為、「高品質・良食味米」の維持向上に努めます。
・消費者に安全・安心を提供していく為に、「安全・安心の米作り」を実践します。
・常に栽培技術の向上・研鑽に努め、手間を惜しむことなく、最高のコシヒカリを提供いたします。


・食味と品質を最優先した米作りを進めます。
・稲わらは、すべて田んぼにすき込み、土作り肥料の施用に努め、田んぼの地力向上に努めます。
・種籾は毎年更新します。
・稲の生育に合わせた管理を行います。・品質優先の施肥を行います。
・全量一等米を目指します。

・玄米のたんぱく質含有率は、美味しさの基準の
6.0%を目標とします。

・環境保護活動「農地・水・環境保全型農業活動」を推進します。
環境に優しい農業に取組、化学合成農薬・化学肥料の使用量を慣行基準の5割削減を行います。
・農道や畦畔は除草剤を使用せず草刈を行います。
・生産履歴を記帳し、履歴情報を公開します。
・エコファーマーの維持に努めます。
JGAPの維持に努めます。


CEO

仕事人の趣味はトレイルランニングです。ランニングは2004年頃から走り始めました。この頃はハーフ、フルのロードレースを中心に走っていたが、2006年にウルトラマラソンに転向する。2007年には甲州夢街道(215km)に参加するも、制限時間に10分遅れで完走扱いになならず、秋の日本山岳耐久レース(72km)17時間で完走。これをきっかけにトレイルにのめり込む。2008年おんたけ100km完走、佐渡一周207km完走、10月にはくびき野100kmと日本山岳耐久レースを2日連続で完走した。
 2009年に腰痛が発生し以後一度も完走できず、現在、2013年の大会に向けてリハビリ中です。



バナースペース

妙高渡辺農園

〒949-2209
新潟県妙高市祖父竹260

TEL 0255-82-2751
FAX 0255-82-2752